2013年07月09日

好リード

6月30日(日)友高野球部は
選手権大会の壮行会が行われる朝、兵庫県立高塚高等学校「高塚」(たかつか)を迎え練習試合を行った野球

PICT0004.JPG

天候曇り、グランド状態良、風無、先攻…
初回、先頭センター久禮が中前安打出塁、二盗と暴投で一死三塁の好機にこのところ打撃好調3番キャッチャー竹村が中前へはじき返し適時安打、4番ライト伊藤は空振り三振ダブルプレーを喫したが速攻1点を先制したグッド(上向き矢印)

その後は無得点に抑えられ5点を追う攻撃は7回、先頭4番伊藤が内野敵失で出塁5番レフト岸部四球、暴投でそれぞれ進塁し、前の打席右前安打の6番ファースト清水が二塁へころがし伊藤生還
7番先発新井君は四球を選び暴投で二塁へ一死二三塁、この回から代わった高塚三人目投手はここで降板四人目投手の代わり端を8番サード仲谷も二塁へころがし岸部が還り2点目
さらに新井君が暴投で本塁生還この回無安打で3点を返したダッシュ(走り出すさま)

続く8回、先頭1番久禮が死球で出塁、初回送りバントを失敗した2番ショート今井君が今度はきっちり決め3番竹村が2本目適時安打を左翼線へ放ち5対6竹村は二塁憤死(7−4T)も1点差としたexclamation

先発の新井君は高塚打線に毎回長打を浴び2回、四球から適時二塁打で1点、4回は先頭3番打者に本塁打、さらに四球を挟み連続三塁打と二塁打3本の適時安打で3点を失い一死1ストライクから代わった毛利がさらに1点を奪われ1対6逆転を許したふらふら
その後毛利は再三味方の攻守にも助けられ高塚打線を抑えたが反撃が一歩及ばず5対6x
よく守った試合だが高塚の長打攻勢に敗れた。

PICT0005.JPG

主将竹村が好調だ
この3試合13打数8安打
スローイングも安定して再三投手を救った
ようやく全員野球ができだした我が友高を
好リードで引っ張てもらいたい…(信頼)

サンシステムアイ有限会社ホームページへ
posted by サンシステムアイ at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。