2013年07月10日

壮行会

6月30日(日)友高野球部は兵庫県立高塚高等学校との練習試合後
第95回全国高等学校野球選手権記念大会への壮行会を開催した

PICT0003.JPG

レストラン食堂で野球部員とマネージャー、父兄、一番若いOBの犬伏さんは同じ釜の飯(お弁当)を
PICT0001.JPG


千羽鶴の贈呈…
PICT0002.JPG
この時はキャプテンの竹村をはじめ3年生全員神妙な面持ち


2年生のお母さんが中心に作ってくれた千羽鶴
PICT0003.JPG


てっぺんには我が友高のユニホームが…
PICT0004.JPG
思いのこもった千羽鶴を
そう簡単に相手チームに託すわけにはいかない

マネージャーの北本さんから順に3年生が決意表明した後
2年生仲谷君中心のエールをもらった3年生…PICT0005.JPG
怪我なく
一戦一戦
悔いを残さぬよう
全力を出し切ることを祈ります(健闘)

サンシステムアイ有限会社ホームページへ
posted by サンシステムアイ at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

好リード

6月30日(日)友高野球部は
選手権大会の壮行会が行われる朝、兵庫県立高塚高等学校「高塚」(たかつか)を迎え練習試合を行った野球

PICT0004.JPG

天候曇り、グランド状態良、風無、先攻…
初回、先頭センター久禮が中前安打出塁、二盗と暴投で一死三塁の好機にこのところ打撃好調3番キャッチャー竹村が中前へはじき返し適時安打、4番ライト伊藤は空振り三振ダブルプレーを喫したが速攻1点を先制したグッド(上向き矢印)

その後は無得点に抑えられ5点を追う攻撃は7回、先頭4番伊藤が内野敵失で出塁5番レフト岸部四球、暴投でそれぞれ進塁し、前の打席右前安打の6番ファースト清水が二塁へころがし伊藤生還
7番先発新井君は四球を選び暴投で二塁へ一死二三塁、この回から代わった高塚三人目投手はここで降板四人目投手の代わり端を8番サード仲谷も二塁へころがし岸部が還り2点目
さらに新井君が暴投で本塁生還この回無安打で3点を返したダッシュ(走り出すさま)

続く8回、先頭1番久禮が死球で出塁、初回送りバントを失敗した2番ショート今井君が今度はきっちり決め3番竹村が2本目適時安打を左翼線へ放ち5対6竹村は二塁憤死(7−4T)も1点差としたexclamation

先発の新井君は高塚打線に毎回長打を浴び2回、四球から適時二塁打で1点、4回は先頭3番打者に本塁打、さらに四球を挟み連続三塁打と二塁打3本の適時安打で3点を失い一死1ストライクから代わった毛利がさらに1点を奪われ1対6逆転を許したふらふら
その後毛利は再三味方の攻守にも助けられ高塚打線を抑えたが反撃が一歩及ばず5対6x
よく守った試合だが高塚の長打攻勢に敗れた。

PICT0005.JPG

主将竹村が好調だ
この3試合13打数8安打
スローイングも安定して再三投手を救った
ようやく全員野球ができだした我が友高を
好リードで引っ張てもらいたい…(信頼)

サンシステムアイ有限会社ホームページへ
posted by サンシステムアイ at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

集中力

6月29日(土)我が友高野球部は兵庫県立神戸商業高等学校「県商」(けんしょう)を友高Gに迎え練習試合を行った野球

PICT0001.JPG

天候晴れ、グランド状態良、風無、先攻
友高は2回、先頭5番レフト岸部が四球を選び6番ファースト清水遊内野安打、7番セカンド山本送りバントで一死二三塁とし、8番先発新井君が右適時安打で2点、二盗後9番サード仲谷の左前安打を左翼手がをもたつく間に新井君還り3点を先制exclamation
その裏、2三振と投ゴロで上々の立ち上がりを見せた先発新井君が県商4番打者に左本塁打を浴び3対1

3回二死後5番岸部が左中間二塁打、6番清水右前安打で岸部本塁突入も憤死(9−2T)追加点はならず
5回、先頭の3番キャッチャー竹村中前安打4番ライト伊藤四球5番岸部三ゴロで一死二三塁、6番清水の遊ゴロで竹村は三本間に挟まれ二塁走者伊藤と併殺(6−2T−5T)前の試合城西戦の再現でここも追加点を奪えずバッド(下向き矢印)

6回裏、ここまで県商打線を本塁打1本に抑えてきた新井君は先頭の1番打者内野安打から二死後、またも4番打者に今度は右翼線三塁打され3対2
1点差に追い上げられたすぐ後7回の攻撃、一死後2番ショート今井君と3番竹村がいずれも中越の連続二塁打を県商二人目投手から放ち4対2と突き放したグッド(上向き矢印)

しかしその裏先頭7番打者の右前安打から二死後、1番打者に二遊間中前安打され4対3
新井君は8回の打順で北城戸君が代打に、マウンドを徳田君に託した

徳田君は8回代わり端、内野失策で先頭走者を許し3番打者が送りバント、一死二塁で迎えた県商4番打者をあわや左中間がく〜(落胆した顔)ながら中飛に打ち取り二死二塁
続く5番打者に三遊間左前安打されたが本塁への好返球(7−2T)に救われ無失点に切り抜けたexclamation×2

1点差のまま迎えた9回裏、徳田君は一死後7番から1番打者まで4連続安打されたが盗塁阻止の好送球(2−4T)や外野の守りにも助けられ、二死満塁のピンチも最後は2番打者を遊ゴロに打ち取り4対3
集中力を切らさず懸命の守りで今年の初勝利をやっと手にした。

PICT0002.JPG


全員でつかんだ勝利は格別に嬉しい
涙が出るほど
しかし勝つことがこんなにもとは…(ふぅ〜)

サンシステムアイ有限会社ホームページへ

posted by サンシステムアイ at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。