2013年05月27日

初回

5月23日(金)友高野球部は放課後、兵庫県立北須磨高等学校「北須磨」(きたすま)と練習試合を行った野球

PICT0001.JPG

天候晴れ、グランド状態硬、風弱(ライトからホーム方向)、先攻…
初回、先頭キャッチャー川口が北須磨先発投手の2球目を左中間二塁打したが2番ショート岡本の打席で相手捕手がはじく間に三塁を狙い封殺(2−5T)
2回も5番ピッチャー竹村が四球を選んだがけん制死(2−3T)
3回、7番ファ−スト清水四球、8番2回途中からレフト仲谷に代わりピッチャーで入った毛利は倒れたが9番セカンド和田君右前、1番川口左前、2番岡本左前の三連続安打で1点を返しなおも満塁の好機exclamation×2
3番岸部の右飛打は三塁走者和田がタッチアップを自重、4番センター久禮に託したがここでも岡本がけん制死(1−3T)結局最少1点どまりバッド(下向き矢印)

一方初回の守り、先発竹村が先頭打者に表の攻撃を再現するような左中間二塁打され(ここから違う)連続暴投でまず1点
2番打者に四球を与え野戦(6−FC4)右前安打に失策が絡み、さらに四球と長短適時安打など
打者一巡6点を失い初回の攻防で勝負がついたふらふら

6回に北須磨二人目左投手から先頭川口がこの日3本目左前安打、3番岸部の四ゴロで走者入れ替わり4番久禮死球の二死一二塁から5番キャッチャーに代わった竹村が右中間へ適時安打を放ちコールド負けは免れたが3対9x
初回表裏に自滅して負けた。

PICT0003.JPG

中間考査明け放課後の散散な試合だったが、8回代打伊藤が中前安打、9回は代打飯田の右前安打に清水が左前安打で続き北須磨三人の投手から合計9安打(北須磨10安打)
川口の3安打に加え
2回途中から登板した毛利も自責点2はともにエラー絡みの失点でまずまずの出来と
好材料も無くはなかった…(慰め)

有限会社ホームページへ


posted by サンシステムアイ at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。