2013年04月05日

春季地区大会

3月31日(日)我が友高野球部は春季地区大会初戦を兵庫県立兵庫工業高等学校「県工」(けんこう)と滝川第二高校Gで対戦した野球

PICT0001.JPG

天候曇り、グランド状態良、風弱(ライトからホーム方向)、先攻…
3点を先制された友高は3回、8番先発毛利がチーム初安打の左中間二塁打、二死後1番レフト川口の三塁横を破る左翼線二塁打で1点を返し
さらに6回、川口四球、2番サードに入った東内君敵失の一死一、二塁から3番セカンド山本君の送りバントが内野安打となり満塁の好機に4番センター久禮の当たりは遊撃正面へのゴロ、しかし本塁への送球が悪送球となり東内君も還り(ナイスラン)同点exclamation
なおも5番ショート岡本君が四球を選び満塁とし、6番ファースト清水君浅い右邪飛に倒れ二死となるも7番竹村の遊撃敵失で1点追加、4対3逆転に成功したexclamation×2

3回から登板し、味方の好守にも助けられ県工の攻撃を0に抑えていた竹村は8回簡単に二死とした後
9番、1番打者に連続左前安打、2番、3番打者に連続四球押し出しで同点とされ迎えた9回、先頭打者内野安打、送りバントと二邪飛で二死走者二塁、打席にここまで無安打に抑えた8番打者だが、浅い守備位置の外野左翼の上を越され4対5xサヨナラ負けを喫した。

PICT0002.JPG

7回先頭レフト(ライトから途中レフトへ)仲谷君の左前安打からの好機を走塁判断ミス(2−5T)で、
8回先頭山本君左翼線二塁打からの得点機はスクイズ失敗(外され1−2−5T)で逃し追加点が奪えず流れを県工に渡してしまい、結果逆転を許してしまった
好守(ファインプレー)有り、無失策の我が友高はもったいないことをしたが、野球の醍醐味を満喫できる試合だった…(できれば勝利の喜びも満喫したかったが)

サンシステムアイ有限会社ホームページへ

posted by サンシステムアイ at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。