2012年08月31日

敗因

8月23日(木)我が友高野球部は神戸高専Gにて
秋季支部大会敗者復活戦2回戦を
初戦で惨敗を喫した兵庫県立須磨東高等学校(須磨ひ)に挑んだ野球

PICT0002.JPG

天候晴れ、グランド状態硬、無風、後攻…
先発マウンドを伊川谷戦と同じく細川君に託した友高は4回先制をゆるしたすぐ裏の攻撃二死からノーヒットで1点を返し
続く5回、6番に下がったキャッチャー竹村が三塁強襲二塁打で出塁
7番セカンド山本君と8番ライト白川君も出て無死満塁のチャンスに
9番細川君の代打岡本が四球を選びまず1点
ここで1番サード杉本君が左中間越適時三塁打を放ち3点を返し逆転わーい(嬉しい顔)
一死後3番レフト川口の左飛犠打で杉本君も還しこの回一挙5点
6対4とリードをひろげたexclamation×2

PICT0001.JPG

しかし6回尾澤君の代わり端を攻めたてられ、死球に失策も絡んで3失点6対7で破れ惜しくも県大会出場を逃した。

点の取り合いになったこの試合はエラー数の差が得点に表れたかたちだが
敗因をもっと掘り下げて考える必要がある。
ピッチャーを含めオール1年生の内野陣はむしろよく守った、須磨ひのそれとは互角とみた。
しかし、硬いグランドで強いゴロを打ってくる須磨ひ打線に対し我が友高はフライでのアウトが10、三振5、
相手の方が失策する機会可能性が少ないのだからエラーの数に差が出ても当然だ(無念)

サンシステムアイ有限会社ホームページへ
posted by サンシステムアイ at 12:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

公式戦

8月18日(土)我が友高野球部は高塚高校グランドで
兵庫県立須磨東高等学校「須磨ひ」(すまひ)と新チーム初の公式戦、秋季西神支部大会1回戦に臨んだ晴れ

PICT0001.JPG

天候晴れ、グランド状態やや硬、無風、後攻、先発飯田…
2回先制されてすぐの攻撃、二死から左前安打6番レフト川口を7番ライト白川君の中前適時打で還し追いついたダッシュ(走り出すさま)

しかし、4回四安打を集中されエラーもからみ4失点、
再三の好機を逸した友高は、4回途中から登板した毛利が
8回につかまり被安打4、エラー3、暴投もあり7点を奪われたふらふら
その裏代打岡本が中前打、2番ショート岸部君の左中間二塁打などで1点を返したが
2対12(8回コールド)で敗れた。

被安打13、内外野のエラー6、攻めては凡飛球12…
せめてこれでもう、悪いところ全て出し切ったことにしたい(切り替え)

PICT0003.JPG

敗者復活戦にまわり1回戦を
8月20日(月)北須磨に破れた兵庫県立伊川谷高等学校「伊川谷」(いかわだに)と神戸高専Gで対戦した野球

天候晴れ、グランド状態やや硬、微風(右から左)先攻、先発細川君…
この試合も1点を先制された直後の4回、一死から2番ショート岸部君四球、3番レフト川口左前安打、4番センター久禮遊ゴロ敵失で満塁と攻め、5番ファースト清水君が粘って右中間へ2点適時打グッド(上向き矢印)

重盗(ダブルスチール)を決め1点追加しさらに二死後、7番セカンド山本君の中前安打で清水君も還り4点を奪い逆転exclamation×2
8回には無死三塁の好機に、2番3番が凡飛球に倒れ嫌な流れになりかけたが4番久禮の右前適時打で加点した

PICT0002.JPG

守っては6回、一死二塁で中前に抜けた当たりを返球を焦った久禮が後ろへそらし打者走者も還り1点差と迫られ、ここまで好投を続けた細川君から尾澤君にスイッチ
7回一死満塁のピンチを併殺(5−4−3)で切り抜けるなど懸命に守りきり5対3公式戦初勝利を飾ったわーい(嬉しい顔)

チーム一丸となっての勝利に涙が出そうになった…(嬉)

敗者復活2回戦
8月23日12時30分 神戸高専G 対須磨東


サンシステムアイ有限会社ホームページへ








posted by サンシステムアイ at 12:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

ルール

8月16日(木)我が友高野球部は
友高Gにて兵庫県立舞子高等学校「舞子」(まいこ)と秋季西神支部大会前最後の練習試合を行った野球

PICT0005.JPG

天候晴れ、グランド状態やや硬、無風、後攻…
舞子先発に抑えられていた打線は6回、代わった2番手投手から
途中から9番サードに入った杉本君が中前安打で出塁、1番ショート岸部君が右中間二塁打で続き
一死後3番キャッチャー竹村の左前適時打で1点を返したグッド(上向き矢印)

しかし、先発飯田が3回、毛利、尾澤君、細川君が2回ずつ継投の投手陣が7回まで13安打を浴び
1対11で3試合連続のコールド負けを喫した(試合は9回終了、最終回クリーンアップ3人で3点を返し4対12)

PICT0006.JPG

父母会の帽子をかぶった半パンの人が
父母席から椅子を一脚ベンチに持ち込み、選手に指示、指導をしだした…
監督をしている人は何も言わない…
マナーは人格の違いとしても、練習試合とはいえベンチも最低限ルールは守られたい(困惑)


サンシステムアイ有限会社ホームページへ
posted by サンシステムアイ at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。