2012年07月11日

選手権兵庫大会1回戦

7月11日(水)いよいよ選手権大会本戦1回戦、
兵庫県立東播工業高等学校(東播工業)との一戦はトーカロ明石球場で行われました野球

先発メンバーが紹介されました
PICT0001.JPG
セカンドには3年生犬伏君ではなく、ただ1人2年生の岡本君が入りました

天候小雨、グランド状態やや軟、無風、後攻
PICT0002.JPG
この球場はとても見やすいスタンドです

いよいよ試合開始
PICT0003.JPG
11時23分プレイボールexclamation

試合は1回、先頭打者センター前ヒットから、エラー、内野安打と続き
いきなり無死満塁のピンチ
しかし、ここは石田君が踏ん張り4、5、6番打者をライト、センター、セカンドフライに討ち取り
無失点できりぬけました
2回、二死から9番打者にレフト前ヒットを許すも1−3T石田君がけん制で凌ぎ
3回はフォアボール、センター前ヒットのランナー2人をいずれも2−6T福田君が盗塁阻止
中盤6回を5安打無失点に抑えましたグッド(上向き矢印)

一方攻撃は2回、石田君レフトオーバーツーベースヒットも後続が絶たれ無得点
3回一死からデットボールで出塁の岡本君をおき、黒田君がサード内野安打となるバントヒットを決め
1、3塁としますが、相手投手に誘い出され1塁けん制死
0対0のまま終盤を迎えました

PICT0004.JPG
3塁側スタンドには雨にもかかわらず、大勢の方が我が友が野球部を応援に…

試合が動いたのは7回、先頭の6番相手投手にレフト線ツーベースヒットを打たれ、無死2塁
7番、8番をセンターライナー、三振に討ち取りましたが9番打者に2本目のヒットをセンター前に許し
二死1、3塁のピンチ…
ここで1番打者の当たりそこねのサードゴロを長田君がこぼし、ついに1点を先取されましたバッド(下向き矢印)

なおも続く1、2塁のピンチはヒット性の当たりをレフト津村君がファインプレーexclamation×2
最小失点にとどめました

PICT0006.JPG

攻撃は表の守備を5球で三者凡退に討ち取った8回、
先頭津村君の代打久禮がショートゴロ悪送球で2塁を陥れ、
続く赤田君がきっちりバントで送り一死3塁同点のチャンスあせあせ(飛び散る汗)
しかし、岡本君のスクイズバントは外されファールに…
結局セカンドフライで二死3塁、黒田君もショートゴロに倒れて無得点

9回最後の攻撃は長田君の代打川口君が惜しい当たりのライトライナーで一死後、
久保田君初球の当たりはレフトポールのわずか数十センチ左へ大ファールどんっ(衝撃)その後レフトへ抜けるヒットを放ち4番福田君へ…
福田君の当たりはショート強襲ヒット性のゴロで一死1、3塁、8回に続いて同点のチャンスダッシュ(走り出すさま)

しかし、スリー・ツーまで粘った石田君は見逃し三振、上田君も空振り三振に倒れ0対1の惜敗1点に泣き

PICT0005.JPG
3年生の夏は終わりました

PICT0007.JPG
みんなで校歌をうたいたかった…

でも、よくやりました、立派な戦いぶりでした
ゲームは負けましたが勝負には決して負けていません
整備の挨拶も相手ベンチに届いたはずです
感動しました(熱涙)

サンシステムアイ有限会社ホームページへ








posted by サンシステムアイ at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。